輸入車SUV人気No.1、メルセデスGLAがマイナーチェンジ!どう進化した?

2.0L直4ダウンサイジングターボ搭載車の追加

メルセデス・ベンツ GLA 2016

新型GLAには、2.0L直4直噴ダウンサイジングターボエンジンを搭載したGLA 220 4MATICがラインナップに加わりました。

エンジンスペックは、最高出力135kW(184ps)/5,500rpm、最大トルク300Nm(30.6kgm)/1,200-4,000rpm。低回転から最大トルクを発揮するエンジンなので、市街地はキビキビとした走行が愉しめそうです。

燃費は2017年4月現在まだ非公開ですが、エンジン自体はGLA 250 4MATIC(受注生産)と同じユニットの燃費志向バージョンのようなので、JC08モード燃費も14.2km/Lより多少は改善されるものと考えられます。

発売は2017年9月以降と言われており、発売開始が待ち遠しいですね。プレミアムガソリン仕様のため燃料費は高くつきそうですが…。

次ページメルセデスAMG GLA 45 4MATICのデザイン変更

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事