新型レクサスLC、発売から1ヶ月で約1,800台受注!!その人気の理由とは?

発売後一か月で1,800台の受注!

レクサス LC 500 2018

トヨタの発表によると、新型レクサスLCは、2017年3月16日の発売からおよそ1カ月にあたる2017年4月16日時点で、約1,800台の受注を受けたそうです。LCの月販売目標台数を50台と設定していたため、なんと目標比36倍の受注ということになります。

その内訳は、ハイブリッドのLC500hが約800台、5.0LガソリンモデルのLC500が約1,000台となっています。

トヨタ系のモデルの場合、ハイブリッド仕様のほうが受注が多い傾向があります。しかしフラッグシップクーペであるレクサスLCには、467psを誇る5.0Lエンジン仕様のほうがニーズが多い、ということですね。

高額なスポーツクーペは乗る(乗れる)人を選びますし、ニッチなマーケットといえるはずです。しかし、このLCの受注件数を見ると、マーケットが活況となってきているのでは、とも思えます。

新型レクサスLC 画像ギャラリー

次ページレクサス LC、好評のポイントとは…

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事