ジャガー初の新型SUV「F-PACE」とはどんな車?

スタイリッシュSUVモデル市場への新たな刺客F-PACE

ジャガー F-PACE

ボディサイズは、全長4,740mm×全幅1,935mm×全高1,665mm、ホイールベース2,875mmと、やや大柄です。

サイズ、価格を考えると国産車では、レクサスRXに近似していますね。ただしクーペ然としたスタイルは、BMW X4、ポルシェ マカン、といったクーペSUVモデルをターゲットとしているのでしょう。

電子デバイスで制御されたAWDが奢られているものの、非常にスタイリッシュに仕上がったジャガー F-PACEで山野を駆け巡るのは、あまり想像できないのではないでしょうか。

F-PACEの生息地はやはり都市部。セダンともクーペとも少々違うテイストをもった気品あるスタイリッシュSUVでありながら、2,875mmというロングホイールベースからくる居住性、積載性の良さも強みになりそうです。

日本では2.0Lディーゼルターボが主力となるのでしょうか。他方で、ジャガーを選ぶユーザーであれば、3.0Lスーパーチャージャー仕様のハイスペックモデルも魅惑的に映るかもしれません。

都市生活者にとって過不足ない選択肢となり得るアーバンSUV。それがジャガー F-PACEといえるのではないでしょうか。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事