ガルウィングは、なぜ普及しないのか?あんなにカッコイイのに…

ガルウィングドアの始祖、メルセデス・ベンツ300SL

メルセデス ベンツ 300SL(1954)

ガルウィングドアを最初に採用した市販車は、1954年に発表されたメルセデス・ベンツ300SLといわれています。300SLは、ワークスチーム用のプロトタイプレーシングカーとして開発されたものでした。

この時代、多くのレーシングカーは、軽量化しつつ車体の強度を確保するため、基本骨格にマルチチューブラースペースフレームを採用していました。

パイプで構成されたそれは、通常のドア位置にもパイプを入れてフレーム強度を高めていました。すると現代のレーシングカーでも見られるように、サイドシルが高くなり、通常の横開きのドアでは乗降しにくくなってしまうのです。

それを解決するために考案されたのが、ガルウィングドアでした。ドライバーの上方向に開閉、空間を開けることで、サイドシルを跨ぎやすくしているのですね。

このようにガルウィングドアのスタートは、ドライバーの乗降性=実用性にあったのです。当時のスポーツカーや、後のレースカーがこの跳ね上げ式ドアを採用していたことから、「スーパーカー必須の装備」のように認識されていったのでした。

次ページ跳ね上げ式ドアのメリットは?

この記事をシェアする

最新記事