スバルの新型SUV、アセントには先代モデルがあった!

人気はいまひとつだったトライベッカ

スバル トライベッカ

トライベッカの前期型は、スバルのトレンドだった「スプレッドウィンググリル」を採用していました。R2やインプレッサにも採用されたデザインですが、万人には受け入られず、2007年のマイナーチェンジでは、レガシィ アウトバックに準じたデザインに変更されました。

それでも販売数が伸びず苦戦を強いられることとなります。また後部座席の狭さが顕著で、パッケージングの甘さも目立っていたのが、不人気の原因でしょうか。

今回発表されたアセントは、それらのマイナスイメージを払拭することができるのでしょうか。

車名を刷新してきたことからも、スバルとしては完全なニューモデルという扱いなかのかもしれません。日本でも人気のSUVなので、場合によっては日本導入の見込みがあるかもしれませんね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives