スバルの新型SUV、アセントには先代モデルがあった!

アセントの前身?トライベッカとは?

かつてスバルには、アセントのような3列シートを備えたSUVモデルがあったのはご存知ですか?2005年から2014年まで販売されていたトライベッカです。

日本への正式導入がなかったため、ほとんどの方にとっては馴染みがないモデルでしょう。アセントと名前が付けられる前は、新型トライベッカとも噂されていたことからもわかるように、実質的な後継モデルにあたります。

かつてのトライベッカには、3列シートのほか、2列5人乗りのモデルもありましたが、アセントには用意されるのでしょうか。

レガシィのプラットフォームを流用したボディは、アセントよりも若干小さいサイズ。エンジンは水平対向6気筒で、排気量は前期型が3.0L、後期型が3.6Lでした。

次ページ人気はいまひとつだったトライベッカ

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives