スバルの新型SUV、アセントには先代モデルがあった!

新型SUV、アセントとは?

スバル アセント

スバルの新しいSUV、アセントSUVコンセプトは、3列シート7人乗りを備える大型ビークルです。

どうやらこれが、2016年のロサンゼルスモーターショーで発表された、ヴィジヴ-7 SUVコンセプトの市販モデルということになるようです。

ボディサイズは、全長5,050×全幅1,990×全幅1,840mm、ホイールベース2,970mmで、ヴィジヴ-7 SUVコンセプトの全長5,200mmに比べるとひと回り小さいサイズです。

市販化となると、このくらいのサイジングのほうが扱いやすいという判断なのでしょう。それでも十分に大きく、トヨタ ランドクルーザーと比較しても見劣りしないボディサイズなのです。

心臓部には、直噴の2.4L 水平対向ターボエンジンを搭載すると言われています。SUVが大流行中の現在、ワゴン的に使えるSUVとして触手が動く方もいるかと思いますが、2017年4月現在、日本への導入予定はないようです。

さて、そんなアセントには、実質の先代モデルがあるようです。どんなモデルでしょうか?


新型アセント 画像ギャラリー

次ページアセントの前身?トライベッカとは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事