シボレー ボルトとプリウスPHV、BMW i3…あなたはどれを選ぶ?

大幅進化!「新型プリウスPHV」

まずは皆さんご存知のプリウス。そのなかで、今回取り上げるのは新型のPHVです。

価格は3,261,600円~と、標準のプリウスに比べればやや高めの設定ですが、まず注目すべきはEV走行が可能ということ。なんとモーターだけで最長68.2kmも走れてしまうのです。

通勤や日常の買い物などであれば、十分な航続距離ですよね。EV走行時はガソリンの消費がゼロなのはもちろん、エンジンで走ってもJC08モード燃費は37.2km/Lを実現。普通のハイブリッドを購入するよりも、あっという間にモトが取れてしまいそうです。

また充電は家庭用の100V電源でもOKで、コンセントのあるガレージをお持ちの方は、工事などの必要がなく、購入したその日から充電可能です。さらに、HV給電モードでは、家庭用の外部電源として使えることもポイントで、エンジンで発電しながら電源を供給することも可能。

ルーフにはソーラーパネルを装備して、停車中に充電を行なうなど、最新装備が充実しています。

バッテリー充電25%以下でも120km以上走行可能!「BMW i3」

BMWのi3には、完全電気自動車のモデルと、発電用エンジンを搭載したレンジエクステンダーモデルがありますが、今回は後者を取り上げたいと思います。

2016年に刷新された現行i3は、バッテリーのみで最大390kmの走行が可能です。なかなか優秀ですね。

i3レンジエクステンダーモデルでは、バッテリーの充電量が25%以下になると、リアに搭載された発電用エンジン(647cc直列2気筒)によって電力を供給、航続距離をさらに120km程度伸ばします。

レンジエクステンダーモデルの車両価格は、546万円~。プリウスに比べればずいぶんと高価な印象ですが、他車のパーツを流用していない唯一のモデルであることを考えれば、納得ですね。

次ページ90マイルを30分で充電完了「シボレー ボルトEV」

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事