航続距離が長いEV車ランキング TOP7

2位〜4位はこの車

4位 BMW i3…390km

BMW i3 2016

ドイツ御三家から、いち早く本格EVをリリースしたのはBMWでした。

そのi3は、未来的デザインでi8とともに話題になったもコンパクトモデル。使い勝手の良さに加え、バッテリー容量の増大で航続距離が390kmに伸びたことで受注も増えているようです。

カーボンモノコックボディや、フロント155、リア175幅の20インチ大径タイヤなど、新しいトライが随所に散りばめられていることが特徴です。

BMWという老舗が放ったからこそ、新たな進化を感じさせてくれるモデルとなったせいか、首都圏では徐々に見かけるようになってきましたね。


3位 ルノー ZOE…約400km

ルノー ZOE

そろそろテスラが…と思うかもしれませんが、ここで意外なモデル、ルノー ZOE(ゾエ)が登場です。2012年に欧州で展開されたEVであり、新型では航続距離を約400kmとしました。

日本では日産 リーフと競合するためか導入を見送られており、その販売台数の63%ほどがフランス国内なのだそうです。このZOEで培った技術こそが、新型リーフに反映されるのは間違いないでしょう。

2位 テスラ モデルX P100D…542km

テスラ モデルX

スタイリッシュSUVデザインと、リアのファルコンウイングドアが話題となっているテスラ モデルX。

テスラは、グレード後の数字(P90D、P100D)などがグレードヒエラルキーとバッテリー容量を指しており、P100Dは最強グレード。航続距離は、542kmとなっています。

しかしテスラの凄いところは、航続距離もさることながら、こうした2.5t以上あるモデルでさえ、0-100km/h加速3.1秒なんて運動性能を与えているところ。

今後はエントリーモデルのモデル3も投入する予定であり、楽しみなブランドでもあります。

次ページ1位はやはりあの車

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事