プロパイロットとアイサイト、ホンダセンシングの違いを知っていますか?

ホンダも熟成を続ける安全技術「ホンダ センシング」とは

ホンダ センシング

ホンダの開発した先進の安全運転支援システムが「ホンダ センシング/Honda SENSING」です。

これは対象の位置や速度を検知するミリ波レーダーと、対象の大きさや形状を識別する単眼カメラで車両進行方向の状況を認識する、2つのセンサーとコントロールユニットで構築されています。

衝突軽減ブレーキ(CMBS)、歩行者事故低減ステアリング、路外逸脱抑制機能、誤発進抑制機能、先行車発進お知らせ機能、標識認識機能といった装備に、ミリ波レーダーと単眼カメラで前走車との車間距離と速度差を検知します。

そして、あらかじめ設定した車速内で加減速、適切な車間距離を保つようアクセルやブレーキの制御を行うACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)とLKAS(車線維持支援システム)といった機能で、自動運転のレベル1を獲得しています。

次ページまだまだ進化を続ける自動運転技術…

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事