プロパイロットとアイサイト、ホンダセンシングの違いを知っていますか?

高い評価をうける安全技術、スバル アイサイト

クルマの安全性能を評価するJNCAP(独立行政法人 自動車事故対策機構)の予防安全性能アセスメントで、搭載車が最高ランクを獲得するほど、その安全技術が評価されているスバルの「アイサイト」。現在は、Ver.3に進化しています。

他メーカーは、カメラとレーダーセンサーの組み合わせで安全装備を構築しているのに対し、スバルはフロントガラス上部付近に搭載したステレオカメラのみで、安全技術を構築している点が特徴です。

ステレオカメラで立体的に画像を解析し、目の前の物体が何なのか(歩行者・自転車・自動車・バイク)を識別、また道路状況、車線などについても認識します。

このステレオカメラは、プリクラッシュブレーキ、全車速追従機能付クルーズコントロール(0-100km/h対応)、ステアリング操作のアシストを行うアクティブレーンキープといった機能も搭載しています。

日産のプロパイロットと同様ではないか、と思われるかもしれませんが、ステアリングアシストの領域が限られるため、自動運転ではレベル1の評価になっています。

次ページホンダも熟成を続ける安全技術「ホンダ センシング」とは

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事