プロパイロットとアイサイト、ホンダセンシングの違いを知っていますか?

今後の自動運転技術につながっていく「日産 プロパイロット」

セレナ

高速道路や渋滞などのシーンでの単調なドライビングは、非常にストレスがかかり疲労してしまいます。これを軽減させる機能がプロパイロット。

日産 セレナに搭載されて話題となった「プロパイロット」は、自動運転レベル2に合致する技術。高性能カメラと高性能レーザースキャナーが、走行している車線や前走車を高精度に算出することで、車間距離を把握し適切に加減速を行い、同一レーンでの走行をサポートします。

このカメラ、スキャナーによる探知機能で緊急時のブレーキングも行うエマージェンシーブレーキも搭載、安全性と快適性を確保した仕様となっています。

設定も簡単で、ハンドルに設けられたプロパイロットボタンを押すだけ。ブレーキを踏むと解除される設定になっています。

とはいえハンドルに必ず軽く手を添えて、とメーカーも注意喚起をしています。しかしドライバーの負担は格段に減るのが、このプロパイロットといえるでしょう。

次ページ高い評価をうける安全技術、スバル アイサイト

この記事をシェアする

最新記事