プロパイロットとアイサイト、ホンダセンシングの違いを知っていますか?

各社、開発に注力する運転支援機能

テスラ モデルX

自動車の開発といえば、運動性能や居住性の向上やパワーユニットの高効率化などが思い浮かびますが、現在、各メーカーが力を入れている技術は「運転支援機能」です。

居住性やパワーユニットの高効率化は、これからも変わらないわけですが、ある域まで収斂的進化を遂げているのも事実。一方で、これから伸びていくのが安全技術、運転支援技術であり、さらにいえば自動運転技術ということになるでしょう。

現在、自動運転は、4つのレベルに定義されています。

レベル1…加速・操舵・制動のいずれかをシステムが行う状態。自動ブレーキなどの安全運転支援システムによる。
レベル2…加速・操舵・制動のうち複数の操作をシステムが行う状態。アダプティブクルーズコントロール(ステアリングアシスト付き)等がこれに該当する。ドライバーは常時、運転状況を監視操作する必要がある。
レベル3…加速・操舵・制動をすべてシステムが行い、システムが要請したときはドライバーが対応する状態。加速・操舵・制動を全て自動的に行うシステム。
レベル4…完全自動運転。加速・操舵・制動を全てドライバー以外が行い、ドライバーがまったく関与しない状態。安全に関わる運転操作と周辺監視をすべてシステムや外部に委ねる。

その先駆けともいえる日産 プロパイロットは、上記のレベル2を取得しています。ここでは、プロパイロットとそれを追従するスバル アイサイト、ホンダ センシング、といったテクノロジーをチェックしてみたいと思います。

次ページ今後の自動運転技術につながっていく「日産 プロパイロット」

この記事をシェアする

最新記事