ランクルより大きい!? スバルのSUV「アセント」とはどんな車?

好調スバルが投入する次の一手「アセント」

スバル アセント

2017年4月12日に開幕したニューヨークモーターショーにおいて、スバルはSUVのコンセプトモデルを持ち込みました。

車名は、アセント。意味を調べると、「上昇、向上」、あるいは「上り坂、傾斜度」などといったワードが出てきます。現在北米市場で好調なスバル、売り上げも右肩上がりという状況にあって、そうした市場での向上の意味合いと、SUVモデルに必要な走破性、こうしたイメージをかけたネーミングなのかもしれません。

スバルデザインのDYNAMIC×SOLIDを体現したグリルまわり、そしてキャビン内上部に装備されたアイサイトが紛れもないスバルらしさを演出していますが、これまでになかった点がひとつ。それは非常に大型である、ということです。

スバルはこれまでインプレッサやレヴォーグ、WRXといったCセグメントのモデルを中心に展開してきました。

これはプラットフォームを共有している点も理由となりますが、今回発表したアセントは、全長5,050mm×全幅1,989mm×全高1,838mm、ホイールベース2,972mmという、巨躯をもったSUVなのです。

参考までに、レクサス最大のLXのボディサイズは、全長5,065mm×全幅1,980mm×全高1,910mm、ホイールベース2,850mmとほぼ同サイズであり、ホイールベースはアセントのほうが122mm長くなっているといえば、そのサイズ感が想像できるのではないでしょうか。

スバル アセント

次ページスバル アセントの方向性とは!?

この記事をシェアする

最新記事