普通のフェアレディZとNISMOバージョンの違いとは?

ノーマルとNISMOの違い

フェアレディZ NISMO

ノーマルとNISMOは、一見するとエアロパーツとホイールくらいの違いのようにも見えます。しかし、細部まで見てみるとさまざまな違いがあるのです。

たとえばエンジン。ノーマルから少しパワーアップしていますが、秘密はエキゾーストとECMのセッティング。これによりZでは、355psを発生させるようになっています。

また、このリファインが加わったエンジンには、専用のエンジンカバーがあしらわれており、エンジンルームを覗くとひと目でわかるようになっています。

前後のタワーバーや、さらに足回りもスプリング、ショックアブソーバー、スタビライザーが専用品となっており、これだけでもノーマルとは似て非なるものといえるでしょう。

また、内外装も専用品が多く採用されています。専用のRECAROシートにはじまり、ステアリング、シフトノブ、NISMOロゴ入りの280km/hフルスケールメーター。

外装は、ノーマルのZと比べるとアグレッシブなイメージを受けますね。それもそのはず。フロント、サイド、リアバンパー、リアスポイラーはNISMO専用品で、ホイールも19インチRAYS製のNISMO専用。それだけでなく、ヘッドライトは内側がブラックに加飾されます。

ちなみにエアロパーツは、NISMOがレースの世界で培ってきたエアロダイナミクスのノウハウを注入することで高速時の安定性も実現するデザインとなっています。

ノーマルのZは、一番安いモデルで383万1840円~。一方NISMOは、618万5160円~となっております。

価格差は一見大きいようにも思えますが、NISMOバージョンに注入されたノウハウとボリュームを考えると、決して高い買い物ではないのではないのでしょうか。

この記事をシェアする

最新記事