もしも3,000万円使えるなら…ベンテイガ、G5504x4など、どれが欲しい?

③マセラティ レヴァンテS 1,279万円~

欧州の王室や貴族等の公用車としても採用されている超高級ブランドがマセラティ。そのマセラティも高級SUVをリリースしており、それがレヴァンテです。

通常のレヴァンテも1,000万円越えのモデルですが、そのハイスペックモデルがレヴァンテS。

V型6気筒 3リッターターボエンジンは、430psを発揮。0-100km/h加速は5.2秒と、まさに俊足です。それだけではなく、内装は紳士服ブランドのZegna(ゼニア)が手掛けているというのですから恐れ入ります。まさに紳士にふさわしい高級SUVといえるのではないでしょうか。

■マセラティ レヴァンテS
エンジン:3リッター V6ターボエンジン
最高出力:316kW(430ps)/5750rpm
最大トルク:580Nm(59.1kgm)/4500-5000rpm
トランスミッション:8速AT
0-100km/h加速:5.2秒
最高速:264km/h
車体価格:1,279万円~

④テスラ モデルX 1,115万円~

テスラ モデルX

最後に紹介するのは、まさに自動車業界にイノベーションを巻き起こしたテスラの新型モデルXです。

もちろん完全EVであり、その走行性能は、モデルSなどで知られるように、なんと0-100km/hは3.1秒で達してしまう、スーパースポーツと同等の運動性能が与えられています。

何よりこのモデルXを興味深い存在としているのは、リアドアが上に開閉するファルコンウイングを採用しているところ。スーパースポーツモデルでは散見されますが、SUVモデルに採用したのは間違いなく世界初でしょう。

加えて、両サイドに隙間が30cmあれば開閉できるとしていますし、7人乗り3列シートモデルでリアの乗降もしやすく配慮されているとのことですから、まさに目からウロコといった装備ですね。

これだけの性能と環境性能を持ちながら、1,115万円で購入できるというのは、ある意味バーゲンプライス?といえるかもしれません。もちろん、冷静に考えれば相当に高額なのですが…。

とはいえ誰しも一度乗ってみたいと思える魅力あるモデルです。

■テスラ モデルX
パワートレイン:フロントモーター・リアモーター
最高出力:761ps(フロント263ps/リア510ps)
最大トルク:98.6kgm
車両重量:2468kg
0-100km/h加速:3.1秒
最高速:250km/h(リミッター作動) 航続距離542km(P100D)
車体価格:1,115万円~

このように各社が超高級SUVモデルをリリースしているというのは、とても興味深いところです。工芸品としての最高峰ともいえるベンテイガ、圧倒的な走破性能のG550 4x4、優美なレヴァンテ、そして未来の乗り物といえそうなモデルX…。

どのモデルも所有したい、と思わずにおれません!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives