デリバリーが待ちきれないジュリア…510馬力発揮するグレードも!

ジュリアとはどんな車?

アルファロメオ ジュリア

ジュリアは、戦後アルファロメオの中核となった歴史ある名前です。デビューは1962年、ジュリエッタの後継車種として4ドアセダンが登場。DOHCヘッドを持つ高性能な1.6L 4気筒エンジンをフロントに搭載していました。

後に2ドアクーペ、スパイダー(オープンモデル)を追加します。このジュリアは、マイナーチェンジなどによりいくつか排気量が存在していましたが、1977年に販売を終了しました。

今回復活したジュリアは、その後継にあたるモデルとなります。

ボディタイプは4ドアセダンでFR、またはFRをベースとした4WD。ボディサイズは、全長4,643mm×全幅1,873mm×全高1,436mmで、全幅がかなりワイドに設定されています。安定性を重視した結果なのでしょう。

デザインは、いかにも輸入スポーツセダンといった感じで、そこにアルファロメオのテイストを足した雰囲気です。

次ページエンジンスペックによるグレード展開は?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事