400馬力のアウディ RS 3セダンが日本デビュー!そのスペックは?

打倒AMG!400馬力の心臓を与えられたアウディ RS 3セダン

アウディ RS 3 セダン

2017年7月より日本導入が予定されているアウディ RS 3セダン。先に導入が決定しているTT RSと同じ直列5気筒ターボエンジンを手に入れ、日本市場に乗り込むことになります。

スペックは以下の通りです。

■アウディRS3セダン 
エンジン:アルミ製2.5リッター直5直噴ターボエンジン
最高出力:294kW(400ps)/5,850-7,000rpm
最大トルク:480Nm/1,700-5,850rpm
0-100m/h加速:4.1秒

0-100km/h加速はTT RS(3.7秒)に譲るものの、セダンとしては望外ともいえる運動性能が与えられています。

駆動方式は、クアトロシステムによるAWD。これに俊敏なシフトチェンジを可能とする7速Sトロニックトランスミッションが奢られており、運動性能はもちろん、環境性能にも寄与します。

また、電子制御による安定した車体姿勢・挙動制御により、ドライバーは400psというハイパワーを安心して制御することが可能となっています。

RS 3セダンが投入されるマーケットは、激戦のCセグメント。日本での(予定)販売価格は、785万円~で、773万円~のメルセデスCLA45 AMG 4MATICと、まさにガチンコ勝負のモデルとなっているといえるでしょうね。

次ページアウディの新たな「競争力」となり得るか

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事