扁平率45から35に変えたら速度計が狂う!? どう対処したらいいの?

タイヤのインチアップによる弊害

第2世代アキュラNSXフロントホイール

タイヤのインチアップというのは、タイヤだけを換えればいいわけでもありません。

特に純正よりも何インチも大きいタイヤを付けようと思った場合、フェンダーやサスペンションパーツなどとの干渉を考慮しなければなりません。目視ではぎりぎり干渉していなくても、走行中に段差を乗り越え車体が沈むと、タイヤとインナーフェンダーが干渉して、破損につながるということもあります。

その他にもタイヤ自体の重量が増すこと、転がり抵抗が増すことで加速は悪くなり、燃費にも悪影響をおよびします。またタイヤがフェンダーからはみ出してしまえば、その時点で車検には通らなくなってしまいます。

見た目は迫力があって格好良いタイヤの大径化(インチアップ)ですが、それなりの弊害もあるので、安易な気持ちで大幅にインチアップするのは、あまりおすすめできません。

次ページメーターと実測の差はどう埋める?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives