意外と知らない?トラックのバンパー上の分かれ目は何なのか

トラックはキャビンが可動する

トラックの乗車スペース(キャビン)は、バンパーの裏側あたりを中心に、前方に倒れる構造になっています。

これは、キャビンの下にエンジンやトランスミッション等が配置されていることから、メンテナンスがしやすいよう採用されている構造です。この機構は、キャブ チルトと呼ばれています。

通常の乗用車であれば、エンジンはボンネットの下に配置されています。しかし、エンジンがドライバーの乗車位置より後ろにあるキャブオーバータイプの場合、当然ながらボンネットはありません。これは、トヨタ ハイエースなども同様です。

そういったハイエースには、整備用の取り外しできるカバーがキャビン内に設けられていますが、大きなエンジンを搭載する大型トラックを整備する場合は、整備用のカバーも大きくなってしまいます。そのため、大型トラックはキャビンごと持ち上げるスタイルに帰結したのではないでしょうか。

しかしこれでは、キャビンとバンパーの間にすき間がある理由とはなりません。では、その理由とは何でしょう?

次ページ大事な「キャブ サスペンション」の存在

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事