245、265…タイヤの幅が広がると走りはどう変わるの?

タイヤの幅を広げるとどんなメリットがあるのか?

【東京オートサロン】WANLIタイヤ

タイヤサイズは、直径、幅ともに、各メーカーが非常に多岐にわたるラインナップを用意しています。こうしたタイヤサイズのバリエーションは、車種、ボディサイズ、排気量など、タイヤに求められる条件に応えるために用意されています。

一般論として「太いタイヤのほうが、見た目に迫力がある」というのはあるかと思いますが、タイヤを太くすることによって得られるメリットは、見栄えの良さだけでなく、何よりもメーカーが欲しているのは運動性能の向上です。

市販のタイヤには、「185/55/R15」という表記が付いています。この表記は、最初の185がタイヤの幅(mm)を指します。55は扁平率(タイヤ断面の高さ)、R15はラジアルタイヤの15インチサイズ、ということになります。

つまり185サイズであれば、タイヤ接地面の幅が18.5cm、ということになります。

このタイヤを205幅に変えた場合、タイヤ幅は20.5cmということになり、単純計算で1輪あたり2cm分接地面積がアップします。これはコーナリング時の安定性に繋がりますし、当然ブレーキングにも有利に働きます。

タイヤの幅を広げる場合、通常はホイールのインチアップも行います。この場合注意すべきは、タイヤ外径の変化です。外径が変わってしまうと、メーターの誤差が広がり、車検に通らないなんてことにも繋がります。

インチアップの際には、なるべくもとの外径に近似したサイズのタイヤをチョイスしましょう。

次ページメリットだけでないタイヤのサイズアップ

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事