センチュリー、早くも復活か!? 次期型はV8 HV搭載で2018年に登場!?

センチュリーとは?

トヨタ センチュリー

センチュリーの初代モデルが登場したのは1967年、ラインナップ数の多いトヨタ車のなかで長い歴史を持つ車です。ボディタイプは4ドアセダンに分類され、日本を代表するショーファードリブンカーです。

御料車としても知られるセンチュリーですが、それらはカスタムを施したセンチュリーロイヤルで、一般に販売されるセンチュリーとは大きく内容が異なります。皇室に納車された台数は計4台で、一番高いモデルで約9,500万円という価格のようです。

2017年3月現在、センチュリーは生産を終了しており、最終型の新車価格は、1,219万円で販売されました。

ちなみに、センチュリーおよびセンチュリーロイヤルのボディサイズは以下の通りです。

■センチュリー
全長5,270mm×全幅1,890mm×全高1,475mm 車両重量1,990~2,070 kg
■センチュリーロイヤル
全長6,155mm×全幅2,050mm×全高1,780mm 車両重量:2,920~3,270 kg

次ページ次期型センチュリーはどうなる?

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事