レヴォーグ STI Sportは、エンジンパワーよりもハンドリング重視?

プレミアムグレードというべき「STI Sports」

スバル レヴォーグ STI Sport

2016年6月、レヴォーグに新グレードとしてSTI Sportが追加されました。

これまでスバルのSTIモデルは、しばしば限定モデルとして発表されてきましたが、レヴォーグ STI Sportは通常ラインナップの扱いです。

1.6L、2.0Lともに用意されており、”STI”がロードカーの理想として掲げる「強靭でしなやかな走り」を実現すべく、各所に手が入っています。

GTツアラーをさらに究めた「レヴォーグ STI Sports」

パワーユニットこそ変更はありませんが、そこはSTI、足回りをはじめとした各所にカスタマイズを施しているのです。

まずフロントの足元には、専用チューニングを施したビルシュタイン製可変減衰力サスペンションDampMatic IIを採用。それに4代目WRX STIの限定モデルS207と同様の専用コイルスプリングを組み合わせ、より強靭でしなやかな足回りとしています。

エクステリアもフロントを専用設計し、より迫力のあるアピアランスに。グリルのSTIエンブレムが誇らしく飾られており、LEDフロントフォグランプ、専用18インチアルミホイール、専用大型デュアルマフラーカッターが標準装備されています。 

ボディカラーには、STI Sport専用となるWRブルー・パールを新たに設定。往年のWRカーを彷彿とさせるカラーをチョイスすることができます。 

内装には、STIロゴを配置した専用マルチインフォメーションディスプレイ付レッドルミネセントメーター、専用本革巻ステアリングホイール、STIロゴ入りステンレス製サイドシルプレート(フロント)などを装着。エクステリアのみならず、インテリアにもプレミアム感を演出しています。

次ページ新型「STI Sport」はエンジンもパワーアップするのか!?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事