610馬力発揮するGTC4ルッソT…AWDからFRへ

フェラーリの異色かつ意欲的なモデル、「GTC4ルッソ」

フェラーリ GTC4ルッソ

GTC4ルッソは、市販フェラーリで初めて4輪駆動を採用したシューティングブレイクのフェラーリFFの後継として、2016年のジュネーブショーにて発表されました。

このGTC4ルッソには、4輪駆動に加え4輪操舵システムも搭載。実用性を高めたフェラーリとして話題になりました。

エンジンは、6,262ccのV型12気筒で、最高出力507kW(690ps)/8,000rpm、最大トルク697nm/5,750rpmというハイパワーを実現。

電子制御デファレンシャルのE-Diff、トラクションコントロールのF1-Trac、マグネティックライド・コントロール・サスペンションのSCM-E、さらにESCを統合制御する4RM-EVOシステムに、後輪操舵システムまで統合し、ハイパワーを効率よく路面に伝えるよう、しっかりと躾けられています。

車両本体価格は、3,470万円です。(2017年3月時点)

次ページドライビングプレジャーを高めた、GTC4ルッソT

この記事をシェアする

最新記事