一度は乗りたいフェラーリ!維持費はどれくらいかかるの?

現在、日本で販売されているモデルは?

2017年3月現在、日本で発売されているフェラーリは、V8、V12、ハイブリッドという3タイプのエンジンがラインナップされています。

ここでは、比較的現実的なV8のスモール・フェラーリにフォーカスして話を進めましょう。

◼︎488GTB 3,070万円
488GTBは2015年に発売され、搭載する新開発の3.9L V8DOHCターボエンジンは、最高出力492kW(670ps)/8,000rpm、最大トルク760Nm(77.6kgm)/3,000rpmを発揮。前任の458イタリアに対し、プラス100psの出力向上を実現しています。0-100km/hは3.0秒。0-200km/h加速で8.3秒という性能を持っています。

◼︎488スパイダー 3,450万円
488スパイダーは488 GTBのオープン版で、ボディサイズ、搭載エンジン、機構は同一となります。RHT(リトラクタブル・ハード・トップ)を中心に車体が開発され、すべての側面においてスパイダーとしての新たなベンチマークとなるよう設計されたモデルです。

◼︎GTC4ルッソT 3,470万円
往年のネーミングを復活させた、グランドツーリングモデルです。かつての250系から変わったのは、シューティングブレーキ的な要素をスタイリングに取り入れたことでしょう。この流麗なボディに収まるのは、6.2LのV型12気筒エンジンで、最高出力507kW(690ps)/8,000rpm、最大トルク697Nm/5,750rpm。最高速度は、335km/hをマークします。

◼︎カリフォルニアT 2,450万円
ピニンファリーナとのコラボレーションによって生まれたリトラクタブル・ハードトップを備えたオープンモデル。新型V8ターボエンジンは、排気量3.9L、最高出力412kW(560ps)/7,500rpm、最大トルク755Nm/4,750rpmをそれぞれ発生します。

次ページ1年間の維持費はおいくら?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事