【車の豆知識】エンジンオイルの種類、選び方は?

動画で解説!

エンジンオイルの種類

オイル

エンジンオイルの基本となる、鉱物油、部分合成油、化学合成油。この3つの違いはなんでしょうか?

まず鉱物油には、不純物がある程度含まれています。その一方、化学合成油は、原油を蒸留して最初に出てくる原料を化学的に合成させたベースオイルを使って人口的に作ったオイルです。こちらは、鉱物油よりも均一な分子構造を持ち、熱安定性、粘度特性に優れているといわれます。部分合成油は、紹介した2つをかけ合わせたオイルで、価格を安く設定したものと理解すればよいでしょう。

しかし、鉱物油と化学合成油では、価格に大きな開きがあると言います。では、通常の使用ではどのレベル(価格帯)のオイルが適当なのでしょうか…。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事