820馬力の911ターボ!? 独ゲンバラの驚異のチューンとは?

820馬力を発揮するモンスター911「アヴァランシェ」

ドイツのチューニングメーカー、ゲンバラ(EMBALLA GmbH)がジュネーブモーターショー2017で、凄まじいチューニングマシンを発表しました。

そのなかでも最強といえるのが、ポルシェ911ターボを過激にカスタマイズした「アヴァランシェ(AVALANCHE)」です。ゲンバラのフラッグシップともいえるアヴァランシェは、今回のモデルで3代目。歴代最強のモデルに仕上がっています。

そのスペックは、最高出力820hp、最大トルク950Nm/3,100-5,000rpmという凄まじいもの。先代のアヴァランシェが、671hp、925Nmというスペックでしたから、出力で149hp、トルクで25Nmアップしているわけです。

この新型アヴァランシェの詳しいスペックについては、まだ明らかになっていませんが、先代が最高速337km/h、0-100 km/h加速2,9秒という数値でしたから、これを超えるのは間違いなさそうです。

また、スペックだけでなく、ゲンバラらしい過激なエクステリアも話題になっています。押しの強さを増したフロントマスクもさることながら、巨大化されたリアウイングは凄まじい迫力を感じさせます。4本出しマフラーは、ジェット戦闘機の噴出口さながら。

いったいどんな加速性能なのか、またどんなカスタマイズが施されているのか、非常に気になるところではないでしょうか。

次ページノーマルのポルシェ911ターボのスペックは…?

この記事をシェアする

最新記事