306馬力のスカイラインGTまで…どんなグレードが展開されている?

日産 スカイラインとは?

日産 スカイライン 350GT

日産 スカイラインは、半世紀以上に渡り生産され続けている日産の代表車種です。

初代モデルから、一貫してFRレイアウトを採用しており、ボディは現行モデルで4ドアセダンのみとなったものの、過去には2ドアクーペやワゴンも存在しました。

13代目にあたる現行モデルは、海外ではインフィニティブランドのQ50という名称で販売されています。

ボディサイズは、全長4,790mm×全幅1,820mm×全高1,450mmでDセグメントに位置付けられています。

エンジンは、ガソリンエンジンとハイブリッドモデルにわかれますが、それぞれどんな特徴があるのでしょうか。

次ページ次世代ターボ車 200GT

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事