サンダル運転、車検ステッカーを外すのはNG!?…意外と知られていないルール5選!

意外と知られていないルール①〜③

①最低地上高は9cmを下回ると車検に通らない

【東京オートサロン】Spiegel

車のカスタムのなかでも定番となっているのが車高短。いわゆるローダウンですね。

車高を下げすぎれば車検に通らないことは知っているかと思いますが、では、どの程度のローダウンなら、車検に引っかからないのでしょうか?

その境界線は、最低地上高9cm。エアロパーツなどは、この最低地上高の法則には該当しませんが、ウィンカーやフォグなどの灯火類がビルトインされている場合は、車検を通すことができません。

こういったルールがあることも、カスタムを行う前に把握しておきましょう。

②サンダルでの運転は違反

サンダル

自宅から近距離のコンビニやスタンドなど、ちょっとそこまでと軽い気持ちでサンダルを履いて運転してしまう方はいませんか?

サンダルに関しては、つま先とかかとが固定されていればOKですが、裸足、下駄、スリッパ、ハイヒールでの運転は禁止されています。

理由は、こういった些細なことが重大な事故につながってしまうことがあるため。日頃から意識するようにしましょう。

③車検ステッカーを外してはいけない

車検ステッカー

車検ステッカーは、次回の車検時期を示すもの。

外してしまうと、しっかり車検を受けているかどうか判断ができなくなってしまいますし、法律的にも違反です。

何となく、無い方がすっきりしているからというような軽い気持ちで外してしまわないように注意しましょう。警察官には、不審車と思われてしまうかもしれませんしね。

次ページ意外と知られていないルール④⑤

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事