スバルWRX、メルセデス AMG GTなど…ワイスピ最新作「ICE BREAKE」に登場する車8選

①プリムス GTX

本作の主人公、ドミニク・トレットが搭乗します。

プリムスはクライスラー社の社内ブランドの1つで、2001年に廃止されました。GTXが車名で、紳士のためのアメリカンマッスルカーをコンセプトに開発されています。

使用車両は1971年から1974年にかけて製造された2代目。当時、クライスラーの高性能エンジンであったヘミエンジンが搭載されたスポーツクーペです。

②ダッジ チャレンジャー

ダッチ シェイクダウン チャレンジャー

ドミニクは、ダッジ チャレンジャーにも搭乗しています。

トレーラーでは同車で編隊を組んで走行しています。ダッジはクライスラー社の乗用車担当ブランドで、南北アメリカで展開しています。使用車両は現行モデルの3代目のようです。

V6とV8エンジンを搭載し、最高出力431psを誇ります。現代のアメリカンマッスルカーです。

③メルセデス AMG GT

メルセデス AMG GT

以前ストリートレースの主催者だったデズ・パーカーの愛車です。AMGは長らくメルセデス・ベンツ車のチューナーでしたが、近年メルセデス社内のスポーツブランドになりました。

使用車両のメルセデス AMG GTは4.0LのV8ツインターボを搭載し、最高出力510psをマークします。

④シボレー コルベット スティングレー

シボレー コルベット 1966

主人公の恋人、レティ・オルティスが運転します。

ゼネラルモータースのシボレーブランドから発売されているコルベットですが、現行型は使用されておらず、市販モデルにスティングレイのペットネームが初めて冠されたC2型のコルベットGrand Sportが登場します。

次ページベントレーやランボルギーニ、ジャガー、そしてスバルからも…

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事