なぜ海外には軽自動車が輸出されないのか?

日本が誇るガラパゴス規格、軽自動車

日産 デイズ

軽自動車は日本の自動車産業黎明期より存在し、当初はスクーターにキャビンがついたようなものでした。その後、排気量と車体の拡大が続き、現在の規格(1998年10月に規格改定)では、以下の通りの仕様となっています。

・全長3,400mm以下
・全幅1,480mm以下
・全高2,000mm以下
・排気量660cc以下(出力は自主規制64psまで)
・定員4名以下
・貨物積載量350kg以下

大きくなったとはいえ、このサイズで3~4気筒DOHCターボエンジン、最近ではハイブリッド仕様も登場し、海外でもその存在は驚きと称賛を受ける規格

になっています。

また、現在の規格になった際に、普通車と同じ安全衝突基準を設けられ、飛躍的にそのパッケージ、商品力が向上しました。そして軽自動車は税金などの維持費が安いことから、日本では多くのユーザーに愛用されています。

こうしたパッケージであれば、コンパクトカー好きの欧州などでヒットモデルになるのでは…と考えてしまうのですが、なぜメーカーは海外でこの軽自動車を展開しないのでしょうか?

次ページ軽自動車を海外で販売しない理由…

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事