874万円差!! GT-RのエントリーモデルとNISMOモデルはどう違うのか?

カーボンパーツでより軽量に、スポーティに

NISMOはカーボンパーツを多く取り入れることで、軽量化を実現しています。軽量でありながら強度もありますが、素材としての価格は依然として高いです。価格が上昇する一つの理由がこのカーボン化なのです。

カーボン素材に換装されているパーツは、フロントカバー、アンダーカバー、サイドシルプロテクター、リヤバンパー、リヤスポイラ、トランクリッドなどです。カーボンは軽量化だけでなく、レーシーな印象を一層際立たせるため視覚的効果もかなりのものです。

次ページまだまだある専用装備

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事