アバルト124スパイダー、マツダ ロードスターがベースだけど全く違う!?

欧州の足回りが与えられている「アバルト124スパイダー」

アバルト 124 スパイダー 2016

アバルト124スパイダーとマツダ ロードスターはプラットフォームや基本コンポーネントこそ共有していますが、エンジンをはじめとした違いが多くあり、それが両車の性格となっています。

アバルト124スパイダーのエンジンは、フィアット製1.4Lターボで、自然吸気の1.5L SKYACTIV-Gを載せたロードスターよりも、パワー、トルク、加速に優れています。となると強化しなければならないのが、まず足回りです。

ブレーキシステムには、フロントにブレンボ4ポッドキャリパーとφ280mmのディスクローターが採用されており、パワー向上に対応したストッピングパワーを与えています。ロードスターの標準モデルは、片押しキャリパーにφ258mmのローターという組み合わせ(RS、NR-Aは大径ローター装備)です。

サスペンションはアバルト専用ビルシュタイン製モノチューブダンパー。タイヤ&ホイールは、17インチアロイホイールに205/45R17というタイヤをセットしています。

対するロードスターは16インチアルミホイールに、タイヤサイズが195/50R16。ビルシュタインダンパーは、RS、NR-Aのみ。

124スパイダーは、インチアップによって扁平率も変わっていますから、グリップ力が向上していると考えます。

ただし、この辺はライトウェイトスポーツの魅力である”ひらり感”に影響を及ぼすところでもありますので、どちらが良いと言い切れません。いずれにせよ、出力とのバランスをとった仕様といえるでしょうね。

次ページエンジンが違えば、ミッション、LSDも違う!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事