ポルシェ パナメーラのグレードに存在する"ツーリスモ"ってなに?

パナメーラ“ツーリスモ”のターゲットは…?

価格帯、車格といった点で考えた時、このツーリスモが勝負をかけるライバルは、アウディS6アバント/RS6アバント、メルセデスAMG CLS 63S 4MATICシューティングブレークといったプレミアムスポーツワゴンのカテゴリとなるでしょう。

S6アバントは、1,346万円というプライスに、パワーユニットは331kW(450ps)を発揮する4.0L直噴V8DOHCインタークーラーツインターボエンジンを搭載。

RS6にいたっては、同型エンジンながら最高出力は445kW(605ps)まで高められたハイパフォーマンスモデルで、価格は1,805万円。

AMG CLS 63S 4MATICシューティングブレークは、5.5L直噴V8ツインターボエンジンで、最高出力は430kW(585ps)。価格は1,956万円です。

パナメーラ4ツーリスモ、パナメーラ ターボスポーツ ツーリスモは、こういったモデルのユーザーをターゲットにしていることがわかります。

こうしたスポーツワゴンは、利便性や運動性能の高さといった、車に求められる要素をバランスよく満たしており、なおかつそのスタイリングも近年ではスポーティに仕上げられたモデルが増えており、非常に成熟されたカテゴリともいえます。

2ドアスポーツクーペのように、日常生活とは乖離したモデルではなく、日々の生活の足にも十二分に使える実用性の高さは、現実的な所有意義をもたらすともいえましょう。

今回発表されたパナメーラツーリスモも、おそらく1,500万円あたりの価格帯で展開されるでしょうから、なかなか庶民には手が届かないモデルではあります。

しかし、スーパースポーツのような「享楽的」な存在ではなく、実用性を備えていることも特徴で、そうした意味では、地に足が着いたスポーツモデルということが出来るかもしれませんね。

日本導入は確実ながら、価格は2017年3月15日現在では未発表。ポルシェの新機軸となるツーリスモが、マーケットでどのように迎えられるか、注目ですね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives