レクサスのクーペ、RCとLCはどう違う?

レクサスLCとRCはどう違うのか?!

レクサス LC

後発のレクサスLCは、フラッグシップクーペを標榜しており、その車格(セグメント)の違いがまずあります。

■レクサスLC500(北米仕様) 
全長4,760mm、 全幅1,920mm、全高1,345mm、ホイールベース2,870mm

■レクサスRC350 
全長4,695mm、全幅1,840mm、全高1,395mm、ホイールベース2,730mm

こうしてみると、レクサスLCはRCよりひと回り大きい車格(Fセグメント)であることがわかりますし、加えて全高が50mm低くされたことも印象的。ロー&ワイドなボディは、クーペとして迫力のあるものとなっているのです。

RC Fと同じ5.0L V8エンジンを搭載するLC500のトランスミッションは、ダイレクトシフト式10速AT。これまでの8速から10速にギア数を増やしたこのATは、各ギアの使用領域を最適化するクロスギアを採用するとともに、世界最速レベルの変速を実現しています。

・LC500(北米仕様) 
2UR-GSE型 5.0L V8 DOHCエンジン
最高出力…349kW(467ps)/7,100rpm
最大トルク…530Nm(54.0kgfm)/4,800~5,600rpm

・LC500h
8GR-FXS型 3.5L V6 DOHCエンジン+2NM型モーター
最高出力…220kW(299ps)/6,600rpm
最大トルク…256Nm(36.3kgfm)/5,100rpm
※システム最高出力354PS

スペックをみて、おや?と思った人は、相当RC Fに精通している人でしょう。じつはRC Fに比べて、LC500の最高出力は10psほどデチューンされているのです。

一方、ハイブリッド仕様のLC500hには、3.5Lエンジン&マルチステージハイブリッドシステムを搭載。2つのモーターを使用した電気式無段変速機に、さらに4段ギアの自動変速機構を組み合わせる最新のハイブリッドシステムとしています。

販売価格は、1,400万円前後と想定されますので、RCの2-2.5倍ほどの価格帯のモデルとなりそうです。

こうしてみると、RCとLCの立ち位置の違いが明確に見えてくるのではないでしょうか。

次ページレクサスLCに「LC F」は登場するのか!?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives