マーバンと呼ぶ?それともⅡバン?地域差・世代差を考察する

なぜマークIIバンが人気になったのか?

マークIIバン

モノ自体は単なる平々凡々としたマークIIバンですが、1990年代のステーションワゴンブームでちょっとした脚光を浴びます。

先に書いた事情でライトバンとはある意味、貧しかった時代の象徴、仕方なく選ぶ乗り物の代表であり、一般庶民がライトバン以外の車種を買えるようになると、個人用(家庭用)としては見向きもされなくなっていました。

そのあおりで乗用車登録のステーションワゴンは”ライトバン同然”と冷遇され、一方のライトバンを望むビジネスユースでも売れなかったのです。

その流れを変えたのが、ライトバン仕様が存在しない純然たるスポーツ・ステーションワゴンであるスバルの初代レガシィ ツーリングワゴンでした。

1989年に初代レガシィが登場してツーリングワゴンが大人気となるや、ステーションワゴンに乗るのがカッコイイという時代が到来します。

とにかくステーションワゴンであれば、その形をしてさえあれば何でもいい、とばかりにステーションワゴンが売れまくり、便乗した各社は既存のビジネス仕様ワゴンに豪華装備を設定しました。

同じ理由で冷遇されていた5ドアハッチバック車も、この際ワゴンと名付ければ売れるとばかりに○○ワゴンと名づけて大成功、街にステーションワゴンが溢れます。

そうなると個性を求める人、そのうえでベース車を安くしたい人が出てきます。そんなユーザーが求めたのが、旧時代のクラウンやマークIIのバンというわけです。

なかにはもちろん乗用車登録のワゴンもありましたが、多くは商用車登録のライトバンだったこれらは、シャコタンやオールペン、ホイールやタイヤの換装を経て、一躍カスタムベースとして人気になったのです。

次ページマーバン?Ⅱバン?一部ではそんな呼び名も

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事