マーバン・Ⅱバン・セドバンなど…20年前に一世風靡したキャルルックスタイルとは?

カリフォルニア発!実は定義の無いキャルルックとは?

Volkswagen beetle タイプ1

「キャルルック」という言葉は、California looker(カリフォルニアルッカー)の略で、1960年から1970年台にかけて、アメリカの西海岸で流行ったフォルクスワーゲンのタイプI(ビートル)のカスタムのことです。

カリフォルニアのオレンジカウンティという地域から発信されたことから、キャルルッカーとかカリフォルニアルッカーと呼ばれていました。

そのカスタムは、車高をローダウンしてボディを派手なカラーにペイントしたぐらい。エアロ類は特に目立ったものは無く、ホイールは大抵メッキ調の何かと、これといった定義がありません。

唯一、それらしいものと言えば”何かカリフォルニアっぽいもの”というだけ。多くの人は、なんとなく自分なりにキャルルックという言葉を解釈しているのだと思います。

次ページキャルルックにも一応定番スタイルはあるが…

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事