C-HR、ヴェゼル、エクリプス…それぞれを比べてみました!

居住性と使い勝手は?

ホンダ ヴェゼル

SUVといえば、コンパクトなモデルであっても、ある程度の居住性と使い勝手を重視される方は多いのではないでしょうか?

その点、今回の3台はクーペスタイルのSUVなので、後席に人を乗せる機会が多いユーザーは、購入前によく比較したほうが良さそうです。

CH-Rは車体後方がかなり絞り込まれており、サイドウィンドウの狭さも相まって人によっては、閉塞感を感じるかもしれません。ただし、リアシートの居住性に関してはまずまず。膝まわりも特別狭いということはないので、ある程度のロングドライブも可能です。

室内の空間作りに関しては、ヴェゼルが一歩抜き出ています。後部座席の膝まわりスペースや、トランク容量はクラストップレベル。もしかすると使い勝手の良さは、3台でもっとも良いのかもしれません。このサイズとデザインでありながら、よく考えられた空間を実現しています。

エクリプス クロスも後ろ下がりなルーフを採用したデザインですが、全高が高く、全長も長いので、室内の狭さを心配する必要はなさそうです。アウトドアや積載の多くなるキャンプなどでも活躍してくれそうです。

次ページエンジンスペックを比較してみよう

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事