ポルシェやGT-Rなどにある"GT3"とはどういった意味?

ホモロゲーションモデルの称号「GT3」

SUPER GT 第1戦  岡山GT 300kmレース

レース好きな方なら詳しいことと思いますが、このGT3というグレード名がつくモデルは、FIA(国際自動車連盟)が統括するレースカテゴリーと密接な関係があります。

モータースポーツに参戦するには、やはり高いコストがかかってしまいます。これは参戦するチーム、とくにアマチュアにとっては深刻な問題であり、レース人口を減らしてしまう要因ともなっています。

そんななかで、市販のスポーツカーに少しだけ手を加えればエントリーできるカテゴリーを作れば、間口が広がるという思惑もあり、導入されたのが「GT3クラス」といえます。

それゆえにレギュレーションも厳しく、エンジンやギヤ比、空力パーツは変更不可、チタニウムなどの高価な材料や複雑な電子デバイスは禁止、出力に関してもリストリクターによってイコールコンディションとなるように定められています。ただし、最低重量などは車種によって若干の変動があるようです。

このGT3規定は、多くのレースで導入されており、有名なものではあのル・マン24時間や、日本のスーパーGTなどが代表として挙げられます。

ボディは2+2クーペであることが条件で、改造が大きく制限されていることから、市販車の素の性能が大きく問われるカテゴリーでもあるといえましょう。

つまり、各メーカーのモデルにおけるGT3グレードは、このクラスに参戦するためのホモロゲーションモデルという意味合いが強いのです。


次ページGT3ホモロゲーションモデルはどんなクルマがあるのか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives