アルファロメオに乗る人ってどんな人?アルファロメオを選ぶ理由

壊れる、しかしそれすらも愛おしい…

アルファロメオ 4C

アルファロメオに限らず、80年代~90年代のラテン車というのは確かに壊れやすい側面があります。

それも仕方ない事で、国産車のように定期点検や整備をしっかり行えるディーラーの存在がないというインフラの問題や、日本特有の四季による気候変化の激しい国では、電装系や樹脂パーツ、ゴム・プラスチック系パーツの劣化が出やすいのも事実。

しかしアルファロメオの紋章に魅せられた人にとっては、それすらも些末な問題であり、「アルファでなければダメ」という拘りを持ってしまう、魔法のような魅力があるといえるかもしれませんね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives