リアシート足元のセンターにあるボコッとした邪魔な山…ある車とない車の違いとは?

最近あまり見かけない理由

トヨタ ヴィッツ

この”ボコッ”ですが、最近の自家用車ではあまり見ないよ、という声が多いでしょう。これは単純な話で、FRレイアウトのクルマが減ってしまっているからです。

FRのデメリットとして挙げられるのがまさにこれで、室内空間を拡充するのにこのプロペラシャフトが邪魔と考えられてしまったわけです。

また、重量・製造コスト増にも繋がることから、各メーカーは効率の良いFFレイアウトモデルを中心に開発をしてきたというのもあるでしょうね。

しかし、非常にバランスのとれた駆動レイアウトがFRともいえるので、少々残念にも思います。

最近では4WDでもプロペラシャフトがないケースも!?

トヨタ ハリアー

FRでも4WDでも、大抵フロントに配置されているエンジンの動力を後輪に伝達させるために、プロペラシャフト等の補器を配してきました。

しかし最近では、このプロペラシャフトがなくても4WD仕様としているモデルも散見されるようになってきています。

たとえばハリアーハイブリッドは、リアにモーターとバッテリーを配置して、フロントのエンジンは前輪を、リアのモーターが後輪を駆動する「E-FOUR」という4WD機構を採用しています。

となると後部座席下の“ボコッ”も存在せず、室内空間も有効に使えることになるわけです。今後、こうした方式の4WDモデルは増えるでしょうね。

また最新のルノー トゥインゴなどのように、リアに動力源を積んだリア駆動のモデルなら、プロペラシャフトの呪縛から解放されますよね。とはいえ、クルマには重量バランスも重要な要素ですし、FR駆動モデルもそうした点では非常に魅力がある「伝統の駆動方式」といえます。

EV、ハイブリッドなど、環境分野の進化が著しい自動車ですが、ユーザーとしては今後も多様な選択肢を残して欲しいですね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives