リアシート足元のセンターにあるボコッとした邪魔な山…ある車とない車の違いとは?

構造上、ボコッとしてしまう後部座席のアレは何?

クラウン コンフォート

タクシーで見かけることのある、後部座席フロアの膨らみですが、これは駆動方式のためにどうしても必要なものです。

タクシーに採用されている車種として圧倒的に多いのがトヨタ コンフォート。このコンフォートの駆動方式はFR、フロントエンジンリア駆動というやつですね。

このFR方式は、エンジンの動力をリア(駆動輪)に伝えるプロペラシャフトというパーツが必要になります。このプロペラシャフトは、かなり太いパイプ状のもので、フロントのエンジン(トランスミッション)からリアのデファレンシャルギアまで、動力を伝達しています。

このパーツがあるために、FR方式の車はリアシート足元のセンターが膨らんでしまうというわけです。

同様に4WD仕様のモデルも、フロントからリアに動力を伝達する必要があるので、プロペラシャフトを持っています。ただし、最低地上高の高いRVでは、車の床下に通すことで室内のフロアをフラットにした車種もあります。

しかし、タクシーでよく見かけるだけで、愛車や知人の車ではあまり見かけない気がします。それはなぜでしょう?

次ページ最近あまり見かけない理由

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives