車によって違うメーターの配置場所…なぜ違うの?

センターにメーターを配置する理由…

トヨタ プリウスPHV

通常のクルマはハンドル側にメーターを配置しています。これだと運転中に視線を少し落とせば情報を把握できるので、どう考えてもこちらのほうが良いのでは?と思えますが、それでもセンターにメーターを配置するクルマが作られ続けているのも事実。例えば、いま話題の新型プリウスPHVにもこのセンターメーターが採用されています。

まずはメリットを挙げてみましょうか。運転中は先を見て運転しています。つまり、視界の先に目の焦点があっているので、急に近くのメーターに視点を移すと、焦点を合わせるのに少しタイムラグが生じてしまいます。そのため、センターメーターのように少し視点から距離があったほうが焦点を合わせやすいとされています。また、ハンドルの位置からくる視認性の悪化を防げるという点も挙げておきましょう。

とはいえ、前述の理由で運転性・視認性が向上するのであれば、すべてのクルマはセンターメーターを採用するでしょう。若干後付けの理由だと感じてしまいますね。

では最大の理由はなんでしょうか。それは、製造時のメリットです。センターメーターの発祥地はイギリスとされています。ご存じのようにイギリスは日本同様に右ハンドル。しかし製造するメーカーは左ハンドルを採用する北米や近隣欧州諸国への輸出が大前提となるため、パーツを共有しやすいセンターメーターの方が都合が良かったというわけです。

2017年現在においてもセンターメーターはそうした理由で採用するケースも多く、もちろん右ハンドル仕様と左ハンドル仕様で同一コンポーネントを100%仕様とはなりませんが、配線ハーネスなどを共有する事が出来るため、一定の製造時のメリットがあると指摘できます。

次ページこれまでと少し変わってきた?センターメーター採用の理由

この記事をシェアする

最新記事