三菱RVRで考える、SUVなのに4WDではなく2WDを選ぶ理由とは?

SUVなのに2WDを選ぶ理由、メリットとは?

「SUVに乗るなら4WD」というイメージは根強いものがありますが、実際2WDを選ぶSUVユーザーは少なくありません。

そもそも、SUVが生まれたアメリカにも最初から2WDの設定がありました。アメリカは都市部以外ほとんどが農地や荒れ地と言えるほどで、少し内陸に入ると凹凸のある道がたくさん出てきます。

そんな場所を走るには、ロードクリアランスが確保されている車であれば良いということで、あえて値段の高い4WDを選ぶよりも2WDで十分と考えられています。

雪や氷の上を走るならスタッドレスやチェーンを使えば良いことですし、車高が高いというだけでも走破性は上がります。

三菱 RVR 2017

2WDのメリットは、なんといっても価格でしょう。RVRの車両価格を見てもわかる通り、約24万円もの違いがあります。また、車両重量が10kgほど少し軽くなる等から、燃費も変わってきます。

ちなみに、RVRのJC08モード燃費は、2WDは全車15.4km/L、4WDは Mが14.8km/L、Gが14.4km/Lという数値です。上級グレードのGモデルとの比較では、リッターあたり1kmの差が発生します。

実際、本当に4WDじゃないとだめ!というシーンは少ないかもしれませんね。価格も安く燃費も良い2WDを選ぶのはSUVにおいてもメリットが多そうです。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives