三菱RVRで考える、SUVなのに4WDではなく2WDを選ぶ理由とは?

2WDと4WDの価格差は?

三菱 RVR 2017

RVRには、トールワゴンだった初代モデルから2WDと4WDの設定がありました。もちろん、SUVとなった現行モデルも同様。2WDと4WDでは、装備や仕様にどのような違いがあるのでしょうか?

現行のRVRは、ベースグレードの「M」と上級グレード「G」の2つのグレードがあり、いずれも1.8L MIVEC SOHC 16バルブ4気筒エンジン+INVECS-III 6速スポーツモードCVTを搭載しています。価格は以下の通り。4WDは、MとGともに約24万円高くなっています。

この価格の差は、4WD機構とヒーテッドドアミラー、リヤヒーターダクト、ラジエーター、クーラントが標準となる寒冷地仕様によるものです。ちなみに、2WDの寒冷地仕様は、オプションで装着することが可能で、その場合は+12,960円となります。  

【M】
2WD 2,058,480円
4WD 2,295,000円

【G】
2WD 2,250,720円
4WD 2,487,240円

2017年3月1日時点

次ページSUVなのに2WDを選ぶ理由、メリットとは?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives