三菱RVRで考える、SUVなのに4WDではなく2WDを選ぶ理由とは?

RVRってどんな車?

三菱 RVR 2017

三菱 RVRのデビューは、バブル花盛りの1991年のことでした。

三菱 パジェロやトヨタ ランドクルーザー、ハイラックスサーフ、日産 テラノといった大柄なRV車の人気が盛り上がっていた時代に、日本の道路事情に合致した扱いやすいサイズのRVRは、4〜5名乗車の広々とした室内や当時珍しかったスライドドアの採用で爆発的な人気となりました。

現在で言うところのコンパクトミニバンのカテゴリーに入る車でしたが、オフロード走行をイメージした「スポーツギア」というグレードを設定する独自路線も多くのユーザーに支持されたのです。

1997年に発売された2代目は初代ほどの人気は得られず、RVブームの終焉とともに販売台数も下落。2002年8月に一度販売を終了しました。

その後、約7年半のブランクを経て、2010年に登場した3代目が現行モデルとなります。

2017年2月のマイナーチェンジでは、乗員とクルマを守る機能を力強く表現したデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用。

パワートレインの性能を象徴する中央のブラックフェイスを、バンパーの左右コーナー部とアンダーガードの三方から包み込むような形状により、精悍でスポーティなフロントフェイスに刷新されています。

次ページ2WDと4WDの価格差は?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事