210馬力のヴィッツ!? ジュネーブモーターショー2017で「ヤリスGRMN」を初公開!!

ヤリス(ヴィッツ)GRMNの中身は…!?

トヨタ ヤリス WRC

ご存じ大ヒットモデル、ヴィッツは現在3代目。2017年1月にマイナーチェンジを行い、これまで以上に洗練された印象のコンパクトモデルになりました。1.0L~1.3Lのガソリン仕様に、1.5Lのハイブリッド仕様が追加されたこともトピックです。

その一方で、このヴィッツをベースにしたラリーカーが、今年からWRCに投入。幸先の良いスタートを切っています。このモータースポーツイメージで、企画されたモデルがヤリス GRMNです。ちなみにGRMNとは、トヨタのGAZOO Racingが企画したコンプリートカーに付けられる名称です。

ヤリス GRMNについて、現時点で分かっている情報は、1.8Lのスーパーチャージャー仕様で最高出力は210psを発揮することぐらいです。

現行のヴィッツ(ヤリス)には、1.8Lのエンジンの用意はありません。恐らく、先代に搭載されていた2ZR-FE型1.8L直4エンジンがベースになっているのではないでしょうか。

実は2ZR-FE型のスーパーチャージャー付きエンジンは、すでに実用化され、市販車に搭載されています。イギリスのロータス社が販売するエリーゼのハイパワーバージョン、エリーゼSがそれで、スペックは、最高出力162kw(220ps)/6,800rpm、最大トルク250Nm(25.4kg/m)/4600rpm。

今回のGRMN仕様の210psという数値も説得力のあるものといえますし、トルクもこれに近い数値であるのは間違いないでしょう。

車重は、現行の1.3Lが1,010kgなので、補機類や強化による重量増を考慮しても1,100kg台に収まりそうです。これからとパワーウェイトレシオを算出すると、1100kg÷210ps=5.23kg/psという非常に優秀な数値となります。

参考までに、同じトヨタの86の数値は、1190kg÷200ps=5.95kg/psとなり、当然ながら軽量かつ過給機付きのGRMN仕様の方が良好な数値となっています。

果たして日本でリリースされるのか、また価格はどれほどになるのか、気になるところですよね。

※画像はヤリスWRC

次ページ過去にも存在したヴィッツのスポーツ仕様

この記事をシェアする

最新記事