公道にリアルマリカー増加中!? ついに任天堂がマリカーを提訴!!

公道での「マリオカート」の位置づけは?

SUPER FORMULA  2016年 第2戦 岡山

さておき、本件に登場するカートはクルマとはいえ、小型のもの。どういった位置づけになるのか気になるところですよね。

「マリカー社」によると、ノーへルOK、普通自動車AT限定免許で乗れる、という触れ込みだったようなので、これは間違いなく「ミニカー」に分類されます。

ミニカーというとおもちゃのイメージありますが、実際には公道を走れる道交法上のカテゴリで、排気量が50ccの3輪&4輪がそのミニカーと呼ばれるわけです。では、「原付バイクと大差ない?」と思うかもしれませんが、大きな違いがあります。

ミニカーは道交法において「総排気量50cc以下又は定格出力0.6kW以下の原動機を有する普通自動車」と規定されており、運転には普通自動車以上の運転免許が必要です。乗車人員は1人、積載量は30kg以下、ただし道交法上での「原動機付自転車」ではないため、二段階右折やヘルメット着用の義務はなく、法定速度は60km/hで良いのです。

たまに国産3輪のスクーターに「水色ナンバー」を付けて、ノーへルで走っているのを見たことがあるかもしれませんが、これもミニカーです。上記の条件に加え、3輪以上の車体、そして「輪距が500mm以上」であればミニカー登録がスクーターでも可能なのです。こうしたケースは後輪にワイドタイヤやスペーサーを噛ませて輪距を拡げれば登録できるといえます(自治体によっては厳しいところもあるようです)。

※写真はイメージ

次ページリアルマリオカートは楽しいが…

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives