公道にリアルマリカー増加中!? ついに任天堂がマリカーを提訴!!

マリオカート風のコスプレ&カートをレンタルしていた「マリカー社」

任天堂は2017年2月24日に公道カートレンタル事業を行っている「株式会社マリカー」に対して著作権侵害などを理由に提訴しました。

任天堂としては、

・許諾なしに「マリオカート」の略称である「マリカー」という商標を社名に使っている
・任天堂のキャラクターの衣装を貸し出し、その衣装が載った画像を宣伝・営業に利用し、著作権の侵害をしている

といった主旨により1,000万円の損害賠償を東京地裁に提訴したとのこと。任天堂はマリカー社に対し、「数か月前より警告してきたが誠意のある回答が得られなかった為に今回の提訴に踏み切った」としています。

このマリカー社は都内で展開をしており、品川、秋葉原、渋谷などで営業をしていたようです。(2017年2月27日現在HP閲覧できず)

マリカー社はこの件で声明を発表しています。要約すると、

・サービス内容は任天堂に対する不正競争行為及び著作権侵害行為には該当しないと判断
・任天堂の担当者とも協議・情報交換を行い、サービスに理解を⽰してもらっている
・任天堂の許可無く勝⼿に販売、レンタルなどをする悪意ある業者もあり、任天堂と協⼒してそのような事業者がなくなるように対応していこうと協議していた

というような内容です。このように任天堂サイドの主張とかなり食い違いがあり、今後の展開で真実を明らかにしていって欲しいところです。

ちなみに筆者も都内で目撃した事がありますが、おもしろいパフォーマンス集団なんだなと受け止め、まさかレンタル事業として広く展開していたとは知りませんでした。この報道で知り、驚いた次第です。

次ページ公道での「マリオカート」の位置づけは?

この記事をシェアする

最新記事