厄介なフロントガラスの内側の汚れ…綺麗にする良い方法は?

フロントガラス内側の汚れ

フロントガラス

運転中は、常にフロントガラスを通して外を見ているわけで、とても目につく場所です。フロントガラスが汚れていると、ストレスが溜まりますし、長時間の運転になると目の疲れの原因にもなります。

その汚れには、外側と内側があり、外側の油膜と同じくらい厄介なのが内側の汚れです。ガラス用洗剤を使ってさっと拭いたくらいでは、なかなかキレイに仕上がりません。

綺麗なウェスを使っても、拭き痕のようなものが残ってしまいます。一点の曇りもないような状態にするには、どうしたらいいのでしょうか。

泡タイプの洗剤はNG

スポンジ 洗車

フロントガラスの内窓には、使ってはいけないガラスクリーナーが存在します。それは泡(フォーム)タイプと、エアゾールタイプの洗剤です。

クリーナーのなかには、どんなに磨いてもなかなか拭きムラや拭きスジが残ってしまうものがあります。これは洗剤に含まれる増粘剤などの油脂成分のせいでもあるのです。

おすすめは、アルコールが入ったさらっとした液体タイプのガラスクリーナーです。泡タイプを含めてこれまでさまざまなガラスクリーナーを試してきましたが、最近使って良かったのは以下の3点です。

・ジョンソン スクラビングバブル ガラスクリーナー
見た目はさらっとしていますが、液垂れしづらく汚れ落ちも良いです。カラ拭きしなくても拭きスジが残りません。同じスクラビングバブルのガラスクリーナーでも、泡タイプはNGです。

・カーメイト エクスクリア ガラス内側クリーナー
内側専用をうたっているだけあって、性能は良いですね。いまいちのコスパが残念なところです。

・ガラスクリーナー グラスターポリッシュ
こちらは昔懐かしいガラスクリーナー。ガラス専用というわけではなく液状タイプの多用途ポリッシュ剤なので、汚れ落ちはかなり良いほうです。拭き上げには乾いたタオルが必須ですが、拭きムラが残ることもありません。

内窓磨きの手順は?

【用意するもの】
・バケツにいっぱいの水
・タオル(材質は何でもOK)
・ガラスクリーナー(フォームタイプで無いもの)
・マイクロファイバークロス
・プラスチック定規
・アルコール

【手順】
1:水をしっかりと絞ったタオルでガラス面を下拭き
まず水溶性の汚れをタオルでふき取ります。この段階でガラスクリーナーを使って拭きとろうとすると、タオルやウェスに汚れを吸収しきれないためにムラになります。おおまかな汚れは、先に取っておくのがポイントです。

2:アルコールで油性の汚れを除去
水拭きした後に残る汚れは、油性の汚れです。これらは乾いたタオルにアルコールをつけて、ふき取ります。

3:拭き上げ作業
ガラスクリーナーとマイクロファイバークロスで仕上げ。このとき、ガラスクリーナーの量は少な目でOKです。多すぎると、クロスで洗剤分(水分)を吸収しきれなくなるので、すじ残りが出てしまいます。また、ガラスを半分拭いたら、クロスを折り返して新しい面で拭きあげてください。これで汚れの逆流を防ぎます。
使うマイクロファイバークロスは、繊維の出ない品質の良いものを選ぶこと。安いクロスは繊維が出て面に残るものがあるので注意です。眼鏡ふきのようなタイプならベターですね。

4:仕上げ
ポイントは水と洗剤の使い方。水性の汚れは水拭きで取り、油性の汚れがある場合にだけごく少量、洗剤を使います。洗剤を使い過ぎないこと。最初から洗剤をかけまくっては、ますますムラが残ってキレイに仕上がりません。フロントガラスの下隅など手が入りにくい箇所は、先端が適度に薄い定規などを使います。

内窓の掃除は、ガラス面に洗剤が残らないことが重要です。3か月に1度くらいの割合で掃除をしておけば、いつでもクリアな視界を保つことができるでしょう。

この記事をシェアする

最新記事